【口内炎】ケナログが販売中止。その理由は?正式な代替薬も紹介

【口内炎の救世主】ケナログが販売中止。その理由は?代替薬も紹介

こんにちは、みひまる(@mihimarudesu)です。

口内炎のお薬といえば『ケナログ』。そんなケナログがなんと2018年6月に販売中止になっていました。

みひまる

口内炎といえばケナログですよね。先日ドラッグストアに行ったらなくてこの事実が判明!わたしの中では衝撃的なニュース。

なぜ販売中になったのか?その代わりに何を使えばいいの?理由や代替品について調べました。

ケナログ口腔内軟膏の販売中止理由

【口内炎の救世主】ケナログが販売中止。その理由は?代替薬も紹介

https://netshop.create-sd.co.jp/shop/g/g4987279112602/

ご安心ください、何か薬に問題があったわけではありません。

販売元であるブリストル・マイヤーズが販売製品の再検討をおこない、不採算な医薬品が整理されたようです。

ケナログが販売されているのは実は日本だけであり、口内炎の薬は他社でも販売されているため、製品整理でケナログを販売中止することに決めたそう。

みひまる

わたしも小さい頃から使っていて「口内炎といえばケナログ!」だったので驚きました。
MEMO
2018年6月に販売中止になったのは、医療用のケナログ口腔内軟膏0.1%と市販薬のケナログA口腔内軟膏です。

ケナログの代替品(ジェネリック後発品)は?

こちらのオルテクサー口腔内軟膏です。

福地製薬が出しているオルテクサーはケナログの後発品(いわゆるジェネリック医薬品)のため、成分は同じ。

わたしも今回オルテクサーをはじめて知りましたが、前から販売されていたそうです。

そして、今はネットでも簡単に買えるんですね、助かりますね。

実際にオルテクサーを使用してみた感想

【口内炎】ケナログが販売中止。その理由は?正式な代替薬も紹介

ということで、オルテクサーを使ってみました。

結論、ちょっとザラザラしていてケナログと同じ質感?触感?(なんて言えば伝わるんだろう、あの守られている感じ)

前に口内炎ができたときに【違う市販薬】を買ったのですが、患部に塗布したら少し水々しく、歯茎に触れて痛かったです。

しかしオルテクサー(ケナログ)はしっかりとクッションになってくれて、患部が歯茎に触れても痛くないんですよね!

今後はこのオルテクサーを使っていこうと思います。

▶︎ 【激選7つ】口内炎のおすすめ市販薬!塗り薬と貼るタイプまとめ

【激選7つ】口内炎のおすすめ市販薬!塗り薬と貼るタイプまとめ 【厳選7つ】口内炎のおすすめ市販薬!塗り薬と貼るタイプまとめ

ケナログの販売中止理由と代替品のまとめ

晴れ時々ママ日和

  • 販売中止理由は販売元による商品整理
  • 代替品はケナログのジェネリック医薬品であるオルテクサー口腔内軟膏
  • クッション性のある使用感はケナログと変わらず

以上、【口内炎の救世主!】ケナログの販売中止理由と代替品の紹介でした。

口内炎ができると食事をするのも億劫に・・・早くごはんをおいしく食べたいです。早く治りますように。

みひまる

口内炎で痛いところをこどもに頭突きされて、心の中ではヒィーヒィーしています。
口内炎はなぜできる?口内炎ができやすい人の3つの特徴【原因】 口内炎はなぜできる?口内炎ができやすい人の3つの特徴【原因】 エクオールとは?エストロゲンとよく似た働きをする成分って本当? エクオールとは?エストロゲンとよく似た働きをする成分って本当?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA